10年後の引退を目指す男。

無闇矢鱈な雑感。

息子の好きな遊び場(関西)10選。

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

 

現在、中学生の息子。いつの間にかインドア派になりましたが、以前はゴリゴリのアウトドア派で、昆虫・水の生物・ハ虫類・動物大好き。毎週のように外遊びに出かけていました。その頃の話なので、情報が古いところがあるかもしれません。それと、正確には息子が好きだった遊び場10選ですね。

 

1.蜻蛉池公園 大阪府岸和田市

蜻蛉池公園(とんぼいけこうえん)蜻蛉池公園(とんぼいけこうえん)

数えきれないほど通いました。広いです。広大です。全エリアを網羅しようと思うと、大人の足でも結構な時間が掛かると思います。いまだに行ったことのないエリアがあります。虫捕りで通い詰めた我が家のイメージでは、バッタ系は「大芝生広場」側で、トンボ・蝶系は「流れの広場」側が有利かと思います。虫捕りに飽きたら、大型遊具も数多くあるので一日中遊べます。駐車場以外は無料(テニスコートなど一部有料)なのでお財布にもやさしいです。その駐車場ですが、ハイシーズンは混雑します。午前中(早め)に到着できるように出掛けるのがおすすめです。

 

2.橿原市昆虫館 奈良県橿原市

www.city.kashihara.nara.jp

ここもよく行きました。一時期、行き過ぎて受付のオバちゃんに顔を覚えられていました。こじんまり(失礼)した施設ですが、けっこう見ごたえあります。生体展示では蝶の温室がすごいです。広さも蝶の数も。最初の頃、蝶嫌いの妻は、その数の多さに悲鳴を連発していましたが、母は強し。現在は平気のへいです。あと、カメムシだったか ... ?臭い匂いを嗅ぐ事が出来る場所があります。怖いもん嗅ぎたさで、ぜひとも嗅いで頂きたいです。

 

3.滋賀県立琵琶湖博物館 滋賀県草津市

www.biwahaku.jp

ここ、ある年は年パス買ってました。家から片道60km超ですが、月2ぐらいで通っていました。それぐらい息子が好きでした。もちろん展示物を見て回るのも楽しいですが、息子が最も好きだったのは「ディスカバリールーム」という部屋。放っておいたら、この部屋だけで2、3時間は居座っていました。それと、意外と言っては失礼ですが、レストランの食べ物が美味しいです。ブラックバス(天丼?)が食べられます。

 

4.東条湖おもちゃ王国 兵庫県加東市

www.omochaoukoku.com

つい最近ちょっ.....やめておこう。高い所とか、絶叫マシンが怖い小学生時の息子にとっては、ちょうどいい遊園地。ここの乗り物なら、ほとんどのものに乗れていました。あと、アレが大好きでした。迷路.....やめておこう。全然、日帰りでOKな場所ですが、気まぐれプチ贅沢で、お向かいのホテルグリーンプラザ東条湖に泊ったことがあります。お値段の割に、施設も部屋もきれいで食事も美味しくて、びっくり大満足でした。

 

5.生駒山上遊園地 奈良県生駒市

公式HP「生駒山上遊園地」子どもと安心して楽しめる遊園地

レトロな遊園地です。昭和生まれの自分には、懐かしい匂いがプンプンします。ここも、おもちゃ王国同様、小学生時の息子にとっては、ちょうどいい遊園地。入園料も無料ですし、なにより良いことは、ユニバのように乗り物に乗るために何時間も並ぶ必要がありません。最長でも10分程度です。息子が一番好きだった乗り物は「ミュージックエキスプレス」円形の乗り物が高速で、ひたすらグルグル回るやつです。おじいさんの職員が「ゴーゴーゴ---!」とか「まだまだ---!」とか「逆回転-----!」とかのマイクパフォーマンスで盛り上げてくれます。

 

6.大阪市立自然史博物館 大阪市東住吉区

www.mus-nh.city.osaka.jp

めちゃくちゃお世話になりました。友の会に入会していました。多い時は月に2、3回のペースでイベントに参加していました。昆虫・水の生物・鳥・化石などなどを探しに行ったり、ハイキングに行ったり、ビオトープで米を作ったり、標本作りなどなど、言い出すとキリがないですが、楽しい思い出がたくさんあります。息子の付き添いのつもりで行っていましたが、今後は夫婦二人で改めて友の会に入会しようか検討中です。

 

7.ハーベストの丘 大阪府堺市

farm.or.jp

ここは、大きな芝すべりと動物とのふれあいが好きでした。一昨年の今頃に行った時は、高所恐怖症の息子には珍しく、一人で空中アスレチックに果敢に挑みましたが、半分ほど進んだところで動けなくなりました。後続の皆さん、ご迷惑をおかけしました。あと、石釜パン工房のパンが美味しいです。

 

8.伊丹市昆虫館 大阪府伊丹市

昆虫館紹介 | 伊丹市昆虫館へようこそ

昆陽池公園の中にあります。伊丹空港から飛行機で離陸した直後ぐらいに見える、池の真ん中に日本列島の形をした島がある池。あそこにあります。蝶温室や生態展示など、昆虫好きにはうれしい施設です。いつだったかは、なんとか?というでっかいゴキブリを触らせてもらえました。息子はよろこんで触りまくっていましたが、妻と自分は5mはなれて見守っていました。車の場合は駐車場が少し遠いです。おまけに、車高に制限があったと思います。車の場合はご注意を。

 

9.高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川) 大阪府高槻市

高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)/高槻市ホームページ

ここは淡水魚の水族展示とか、昆虫・動物の標本が展示されています。見学して回るのも楽しみの一つですが、定期的に子供向けのワークショップが開催されます。ぬりえとか木工細工とか、いろいろやらせていただきました。あと、この施設の足元には芥川緑地が広がっていますので、虫捕りや芥川で水の生き物の観察なども出来ます。ハイシーズンには緑地でのBBQ客が多く、せっかく行っても駐車場が満車で入れないということがあったのですが、市のHPによると現在はBBQは禁止になっているようです。よく聞く話ですが、迷惑駐車・悪臭・ゴミ放置などが原因のようです。嘆かわしい...

 

10.和歌山県立自然博物館 和歌山県海南市

和歌山県立自然博物館公式ホームページ

ここは何といっても「タッチプール」が息子のお気に入りでした。といっても、そんな大層なものではない(失礼)のですが、とにかく生で水の生物を触れることが好きだったようです。自慢になりますが、息子は自然博物館検定認定証1級を持っています。30問の出題に、館内を回って答えを探し出すイベントでしたが、30問中27問正解で見事合格しました。当時、彼はわずか5歳でした ... 御察しください。

 

以上、10選でしたが、博物館・昆虫館多めでお届けしました。この手の施設は、だいたい定期的にイベントを開催しているので、日程を確認しておくとよいと思います。専門家が引率してくださるイベントは知識が深まりますし、個人ではなかなか難しい貴重な経験が出来ます。昆虫や自然好きの子供さんにはおすすめです。


現在どの施設もコロナ禍にあって事前予約が必要であったり、入場制限があったりするところも多いようです。もし、興味を持っていただけた施設がありましたら、事前に営業状況などご確認の上お出かけください。

 

では、また。